ドラムはじめるなら

ドラムをはじめる方の最初の課題が、自宅での練習環境。
騒音やスペースが課題となり、大いに悩まされるところです。
そんな方にオススメの選択肢をご紹介します。

  1. 練習パッドでひたすら基礎を磨く
  2. 電子ドラムが楽しい

 

▶ドラム教室について

1.練習パッド

 練習パッドは、ドラムの基礎力を向上させるための最もポータブルで快適なアイテムです。練習パッドを使用すると、練習スケジュールが場所に依存しなくなり、音も静かなので、いつ練習するかを決めるのは完全にあなた次第です。

 練習パッドは通常、その表面がスネアドラムと非常によく似た反発力を持っているため、無駄な癖がつかず、練習は必ず身になります。

 練習パッドを使用するもう1つの利点は、わずかな間違いでもハッキリわかりやすい事です。
 ドラムセットでは、かなり微妙な欠陥を覆い隠すかもしれません。練習パッドならば、タムやシンバルによる複雑なテクニックを排除できる為、よりシンプルに僅かな欠陥もハッキリと捉えられます。

 そのため、練習パッドは複雑なテクニックを練習できないというデメリットはありますが、むしろ初心者が練習パッドで基礎を磨くことは非常に効果的です。また、それはドラムが上達した方であっても、実は大変重要なアイテムと言えます。

 進歩を遂げたい場合は、一貫した練習ルーチンが必須です。練習パッドとドラムスティックを常に近くに置いておくと、手持ち無沙汰となった僅かな時間でも、何気なく練習しているあなたがいるでしょう。

2.電子ドラム

 ドラムの楽しさは、たくさんのタムやシンバルを使って複雑なテクニックを、リズムを一切狂わせる事無く、リズムの流れに乗って叩き続けられる、その気持ち良さでしょう。

 楽しさは、楽器を続ける為の大事なファクターです。

 そこで最適な手段は、電子ドラムです。叩いた振動を電子信号に変えて、ヘッドフォンで聞くことが出来るので、周りの騒音にはほとんどなりません。

 電子ドラムの良い製品ほど、叩き方の微妙なニュアンスもよりリアルなドラムセットにそっくりに表現され、上達の障害になりません。

 電子ドラムはチューニングなどの必要もないため、常に最適な音でドラムの音を表現することが出来ます。これは大きなメリットの一つですが、逆にデメリットにもなり得るため、注意が必要です。